FC2ブログ

Page up▲

unrealで線の強弱を作ろう!

Lightwaveと言えばunReal!やったーアニメっぽいぜ!
コレでもいいけど、なんだかちょっと…だよね。
そこで今回は一手間入れて、線の強弱をつけよう。Pencil+なんかに負けないモンッ……。
line_0.jpg

ウェイトマップで線を太くしたい場所をウェイトマップで指定。
『ウェイトのぼかし』など使ってグラデさせてます。ウェイト名は『line』とでもしておきます。
line_01.jpg

次はノード。
WeightMapはVertexMapの中。Add,MultiplyはMath->Scalarの中。
unReal2::BrushNode,CelPainterNode,EdgeTracerNodeはunRealの中。
line_node.jpg


<解説>
unReal2::BrushNodeをみるとわかるが、ピクセルフィルタのToonTracerの
ブラシ設定にアクセスできることが分かる。ここをWeightMapで指定するのだ。
Sizeにチェックを入れることでノード使える状態になる。

まずweightMapには太くする情報しか持たせていないので、
AddノードのAに基本ブラシサイズを指定。
WeightMapは『100%でブラシサイズ1.0』のようなので太くなるよう掛け算をしてあげる。
ここでは5.0と指定したので、一番太い場所でブラシサイズ5.0になる。

その結果を足せばいいのでAddのBに繋いであげる。Hとeroを足すとHeroみたいなイメージ。
で、その結果をBrushNodeのSizeに繋いでおしまい。

EdgeTracerNodeはunrealのシェーダーなのでこれが無いとダメ。
BrushAccessとあるのでその名の通りBrushNodeと繋げばおk。

EdgeTracerNode自体はマテリアルが無いので
CelPainterNodeでマテリアルを設定してあげます。
左上の卑猥なお口がマテリアルノードを欲しがってますぜ。ヘッヘッヘ。
他のMaterialノード繋いでも淫乱なのでいけます。

最後にSurfaceにMaterial同士を繋いで完成。
ドヤァァア!
line_render.jpg
スポンサーサイト

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2018 CG@俺, all rights reserved.