FC2ブログ

Page up▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

Turbulence for LW [2]

オブジェクトは、TemperatureとDencity
エミッターはFuel で発生具合を割り当てるっぽい。
エミッター使うときは、simulationのFuelとFireにチェック。
FuelのBurnRateでFuelとFireの割合を決めるくさい。
要するに燃料(パーティクル)がコレだけ燃えるよって事か?
オブジェクトにエミッター沢山適用すれば、それだけボンボンボンと爆発できる。


(動画6/14更新)

後は、前の記事のサイトで外人がやっていたが
FulidEmitterを適用した平面オブジェとかのTemperature,Dencityなど0(発生させない)
にしてNormalForceに数値を入れると風的な効果が得られる。

windエミッターのアニメーションパスを使ってパーティクルを制御したりでも
流れを制御できたりする。 何気に制御の選択肢が多くて面白すぐる。

RenderのMappingのグラフはフォトショのレベル補正みたいなもんっぽい。
とりあえず直感的に触り続けて、サンプル見てサイト見て分かったのはこれくらい。
スポンサーサイト

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2018 CG@俺, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。